山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

JR北山形駅から車で約10分。山形県山形市の郊外、双月町にある「ケンランド」は、リネンニットで幅広いアイテムを製造・販売しています。リネンといえば、ゴワゴワとした肌触りという印象を持たれる方も多いですが、「ケンランド」の商品はやわらかくしなやか。保温性もあり1年中愛用できるリネンニットの魅力を探りに工場を訪れました。


夏も冬もここちよいリネンニット

夏場のファッション素材などで、日本でもなじみの深いリネン。通気性がよく涼しい反面、シワができやすく、肌触りが悪いと感じる方もいるかもしれません。日本では、ラミー(苧麻)やジュート(黄麻)、ヘンプ(大麻)なども“麻”と呼ばれますが、リネンの本場・ヨーロッパでは、フラックス(亜麻)のみを指すそう。

フラックスは、天然繊維のなかでも特に強い繊維ですが、使い込むほどにとてもやわらかくしなやかになります。そして、吸水性はコットンの4倍ほど。質のよいフラックスは、北フランスやベルギーなどの限定された地域でのみ育つ貴重な素材です。

「ケンランド」では、その上質なフラックスだけを使いリネンニットをつくっています。通常リネンは、扱いづらくニット加工には向いていないといわれている素材。リネンの歴史が深いヨーロッパでも、織物加工するのが一般的です。

しかし、「ケンランド」では60年以上ニット会社として培ってきた経験による工夫と、代表の大沼秀一さんのリネンに対する熱い思いで、開発まで20年以上をかけてリネンニットを完成させました。リネンはニット編みされることで、軽くやわらかい仕上がりになり、シワもつきにくくなります。また、編むことで空気の層ができ、寒さの厳しい冬の山形でもあたたかく着ることができます。

次々と新商品が生まれる工場

この日は、普段見ることのできない工場を案内してもらいました。広い空間には、乾燥に弱いリネン糸のためにつくられた高湿度の保管専用部屋や、長年使われている大きな編み機などがあります。そのなかで職人さんたちは黙々と作業をしていて、工場内はとても静か。「リネンは収穫されたときの環境によって強度などがまったく違うから、毎回頭を使いながら作業しないといけない。だから自然と無口になるんですよ」と大沼さん。

ただ、工場内にある「ラボ」と呼ばれる空間は違います。デザイン改良や新商品のアイデアを出し合う場で、ここでは、大沼さんや職人さんたちの意見が飛び交うことも多いそう。「ケンランド」では専属デザイナーはおらず、スタッフ全員がデザイナー。新しいデザインは毎月20個ほど生まれます。

ここ数年は有名百貨店の期間限定ショップで商品を販売し、大沼さん自らが店頭に。売り場から直に工場へ連絡が入ることも多く、「スカート丈を数センチ長く」などお客さんの要望がすぐに活かされ、新しい商品が生産されます。常によりよい商品を生み出そうという、ものづくりへの思いが「ケンランド」にはあふれているのです。

春夏ファッションのアクセントに

「ケンランド」の工場と同じ敷地内に、自社ブランド「KENLAND LINEN(ケンランドリネン)」のコレクションが並ぶショップとショールームがあります。カーディガンや下着、マスクなどバラエティに富んだアイテムのなかで、オススメなのがリネンストールです。

首に巻いた瞬間、肌なじみのよさに驚きます。ゴワゴワ感がまったくなく、カシミアのようにやわらか。吸水性も高くすぐに乾くので、汗をかいてもサラッとさわやかに使えます。

リネンニットはシワがつきにくいので、旅行に欠かせないアイテムとして愛用している方も多いそう。カラー展開は春夏の明るい陽射しに映えるライムグリーンやピンクから、男性も使いやすいネイビーやブラックまで、なんと70色ほど。ファミリーで色違いでそろえるのもステキですね。

リネンビギナーにぴったりなタオルセット

水にぬれるとさらに強度を増すリネンは、汚れても気軽に洗濯ができるので日用品にぴったりな素材。そのため、長く愛用できる上質なアイテムをプレゼントに選びたい方に、リネンニットのタオルとヘンプのマットが入ったギフトセットが人気です。

ストライプ柄がかわいいタオルは、使うほどにやわらかさを増します。フェイスタオルほどのサイズで、水分をよく吸い取るのでお子さんのバスタオルとしてもちょうどいい大きさ。ヘンプでつくられたマットは、吸水性や抗菌性が高いのでバスマットに最適です。ヘンプも「ケンランド」が手がければ、チクチク感がなく驚くほどなめらか。新生活のギフトとして選ぶ方がとても多いそう。

まとめ

高品質なアイテムを長く愛用し、日常をていねいに暮らしたい方に「ケンランド」の商品はぴったりです。上質なリネンニットを生活に取り入れて、身近に“リネンがある暮らし”のここちよさを実感したら、手放せない大切なアイテムになりますよ。

リネンに汚れがついても大丈夫!ななびチェック!

コーヒーや紅茶がついた場合は?

熱湯をかけてから、もみ洗いがオススメです。

醤油をこぼしちゃった!

お湯に石鹸を溶かし、30分ほど浸してからもみ洗いしましょう。

血液がついてしまったときは?

まずはできるだけ早く、冷水で洗います。取れない場合は、塩を入れた冷水に浸してから、水洗いしてみて。

「ケンランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「チョコレートラボ」日本でここだけ!話題のチョコレートドリンクを味わおう

山形 |「チョコレートラボ」日本でここだけ!話題のチョコレートドリンクを味わおう

山形市にある「CHOCOLATE Lab.YAMAGATA(チョコレートラボやまがた)」は、ニューヨーク発の有名チョコレートショップ「ジャックトレスチョコレート」のチョコレートパウダーを使ったドリンクを提供する、日本で唯一のチョコレートドリンク専門店。温かいホットチョコレートで、身も心もほっこりしてみてはいかがですか。


酒田 |「さかた海鮮市場」買って、食べて、港町・酒田のおいしさを楽しもう

酒田 |「さかた海鮮市場」買って、食べて、港町・酒田のおいしさを楽しもう

江戸時代から港町として栄える酒田で、海を目の前にした場所にある「さかた海鮮市場」。1階には庄内浜で水揚げされたばかりの魚介を買える鮮魚店、2階には旬魚を惜しげもなく盛ったボリューム満点の海鮮丼が味わえる食事処と、酒田の魚介のおいしさをとことん味わえる施設として人気を集めています。


鶴岡 |「つるおか食文化市場 FOODEVER」で食の街・鶴岡の魅力を体感

鶴岡 |「つるおか食文化市場 FOODEVER」で食の街・鶴岡の魅力を体感

山形県の鶴岡駅前に2017年7月、「つるおか食文化市場 FOODEVER」がオープンしました。日本で初めて「ユネスコ食文化創造都市」に認定された街・鶴岡。その情報発信場所として、地産地消のレストランや料理教室を開催するイベントスペースのほか、鶴岡の食材やスイーツがそろうマルシェもあり、おみやげ選びにも便利です。


山形 |「キャンプ・スキー場ガイド」

山形 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。