新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

山形 |「ケンランド」使うほど肌になじんで手放せないリネンニット

JR北山形駅から車で約10分。山形県山形市の郊外、双月町にある「ケンランド」は、リネンニットで幅広いアイテムを製造・販売しています。リネンといえば、ゴワゴワとした肌触りという印象を持たれる方も多いですが、「ケンランド」の商品はやわらかくしなやか。保温性もあり1年中愛用できるリネンニットの魅力を探りに工場を訪れました。


夏も冬もここちよいリネンニット

夏場のファッション素材などで、日本でもなじみの深いリネン。通気性がよく涼しい反面、シワができやすく、肌触りが悪いと感じる方もいるかもしれません。日本では、ラミー(苧麻)やジュート(黄麻)、ヘンプ(大麻)なども“麻”と呼ばれますが、リネンの本場・ヨーロッパでは、フラックス(亜麻)のみを指すそう。

フラックスは、天然繊維のなかでも特に強い繊維ですが、使い込むほどにとてもやわらかくしなやかになります。そして、吸水性はコットンの4倍ほど。質のよいフラックスは、北フランスやベルギーなどの限定された地域でのみ育つ貴重な素材です。

「ケンランド」では、その上質なフラックスだけを使いリネンニットをつくっています。通常リネンは、扱いづらくニット加工には向いていないといわれている素材。リネンの歴史が深いヨーロッパでも、織物加工するのが一般的です。

しかし、「ケンランド」では60年以上ニット会社として培ってきた経験による工夫と、代表の大沼秀一さんのリネンに対する熱い思いで、開発まで20年以上をかけてリネンニットを完成させました。リネンはニット編みされることで、軽くやわらかい仕上がりになり、シワもつきにくくなります。また、編むことで空気の層ができ、寒さの厳しい冬の山形でもあたたかく着ることができます。

次々と新商品が生まれる工場

この日は、普段見ることのできない工場を案内してもらいました。広い空間には、乾燥に弱いリネン糸のためにつくられた高湿度の保管専用部屋や、長年使われている大きな編み機などがあります。そのなかで職人さんたちは黙々と作業をしていて、工場内はとても静か。「リネンは収穫されたときの環境によって強度などがまったく違うから、毎回頭を使いながら作業しないといけない。だから自然と無口になるんですよ」と大沼さん。

ただ、工場内にある「ラボ」と呼ばれる空間は違います。デザイン改良や新商品のアイデアを出し合う場で、ここでは、大沼さんや職人さんたちの意見が飛び交うことも多いそう。「ケンランド」では専属デザイナーはおらず、スタッフ全員がデザイナー。新しいデザインは毎月20個ほど生まれます。

ここ数年は有名百貨店の期間限定ショップで商品を販売し、大沼さん自らが店頭に。売り場から直に工場へ連絡が入ることも多く、「スカート丈を数センチ長く」などお客さんの要望がすぐに活かされ、新しい商品が生産されます。常によりよい商品を生み出そうという、ものづくりへの思いが「ケンランド」にはあふれているのです。

春夏ファッションのアクセントに

「ケンランド」の工場と同じ敷地内に、自社ブランド「KENLAND LINEN(ケンランドリネン)」のコレクションが並ぶショップとショールームがあります。カーディガンや下着、マスクなどバラエティに富んだアイテムのなかで、オススメなのがリネンストールです。

首に巻いた瞬間、肌なじみのよさに驚きます。ゴワゴワ感がまったくなく、カシミアのようにやわらか。吸水性も高くすぐに乾くので、汗をかいてもサラッとさわやかに使えます。

リネンニットはシワがつきにくいので、旅行に欠かせないアイテムとして愛用している方も多いそう。カラー展開は春夏の明るい陽射しに映えるライムグリーンやピンクから、男性も使いやすいネイビーやブラックまで、なんと70色ほど。ファミリーで色違いでそろえるのもステキですね。

リネンビギナーにぴったりなタオルセット

水にぬれるとさらに強度を増すリネンは、汚れても気軽に洗濯ができるので日用品にぴったりな素材。そのため、長く愛用できる上質なアイテムをプレゼントに選びたい方に、リネンニットのタオルとヘンプのマットが入ったギフトセットが人気です。

ストライプ柄がかわいいタオルは、使うほどにやわらかさを増します。フェイスタオルほどのサイズで、水分をよく吸い取るのでお子さんのバスタオルとしてもちょうどいい大きさ。ヘンプでつくられたマットは、吸水性や抗菌性が高いのでバスマットに最適です。ヘンプも「ケンランド」が手がければ、チクチク感がなく驚くほどなめらか。新生活のギフトとして選ぶ方がとても多いそう。

まとめ

高品質なアイテムを長く愛用し、日常をていねいに暮らしたい方に「ケンランド」の商品はぴったりです。上質なリネンニットを生活に取り入れて、身近に“リネンがある暮らし”のここちよさを実感したら、手放せない大切なアイテムになりますよ。

リネンに汚れがついても大丈夫!ななびチェック!

コーヒーや紅茶がついた場合は?

熱湯をかけてから、もみ洗いがオススメです。

醤油をこぼしちゃった!

お湯に石鹸を溶かし、30分ほど浸してからもみ洗いしましょう。

血液がついてしまったときは?

まずはできるだけ早く、冷水で洗います。取れない場合は、塩を入れた冷水に浸してから、水洗いしてみて。

「ケンランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

山形県鶴岡市にある「木村屋 ファクトリーストア」は、明治時代に創業した老舗菓子店「木村屋」の工場直営店舗。ケーキや和菓子が種類豊富にそろい、ラインナップは季節ごとに入れ替わります。工場直営店舗ならではの焼きたてパンのコーナーも要チェック。イートインスペースを併設する広い店内で、ゆっくりショッピングを楽しみませんか?


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。