長岡 |「長岡まつり大花火大会」で全国屈指の迫力を誇る超大型花火を満喫!

長岡 |「長岡まつり大花火大会」で全国屈指の迫力を誇る超大型花火を満喫!

新潟県長岡市で毎年8月2日~3日、信濃川河川敷を舞台に行われる「長岡まつり大花火大会」。日本三大花火大会のひとつとされ、種類豊富な超大型花火が次々上がり、2日間で2万発というスケールの大きさを誇ります。近年は、見ていると「泣ける」「感動する」との評判も高いこの大会。名物花火を紹介しつつ、長岡花火の魅力に迫ります。


夜空に広がる大輪の花。長岡花火といえばコレ!「正三尺玉」

長岡の花火の勇名を全国に知らしめた立役者が「正三尺玉(しょうさんじゃくだま)」です。プログラムの中盤と終盤、1日に2回上がるこの花火。合図のサイレンがなり、今か今かと待つ観客の静けさを縫うように、「昇り曲導」という、上昇している間に開く小さな花火がポン、ポン、ポン、と上がっていきます。

そして、開花。直径約650mという大輪の花が開いていく様子は、あまりの大きさにスローモーションのフィルムを見ているような錯覚に陥ります。美しく開ききった花に圧倒されるなか、ドォンと轟音がずっしり腹に響きます。この音が、三尺玉のほかとは違う大きさを一層体感させてくれます。

2kmにわたって打ちあがる名物花火「復興祈願花火フェニックス」

2004年、新潟県中越地方は、7月に豪雨による水害に、10月に最大震度7を観測した中越大震災に見舞われました。災害にあってがんばっている人たちを応援し、1日もはやい復興を祈願して、世界に誇れる壮大な花火を打ち上げたいという思いから2005年にはじまったのが、平原綾香さんの「Jupiter」にのせて打ち上がる「復興祈願花火フェニックス」です。

なんと2km以上にわたるスケールの大きな花火!「超ワールドワイドビッグスクリーン」の冠は伊達ではなく、タテヨコの視界一面が花火で埋め尽くされます。ラスト、次々上がる金色の大型の花火のなかに、フェニックスをかたどった花火が現れる瞬間は感動的。「何度、被害にあっても、不死鳥のようによみがえる」との想いが込められた花火は、見る人を勇気づけてくれるはず。

音楽にのせたワイドなスターマインの数々「天地人・この空の花・故郷はひとつ・米百俵花火」

天地人花火

米百俵花火・尺玉100連発

「復興祈願花火フェニックス」のように、信濃川の川幅や広い河川敷というロケーションを最大限活用して、同時に5ヶ所以上から上げるワイドなスターマインが多いのも長岡の花火の特徴。しかも、壮麗な音楽にのせてドラマチックに花火が打ち上がるミュージック付スターマインもプログラムの随所に織り込まれ、観客を飽きさせません。

長岡ゆかりの武将・直江兼続を主人公にしたNHK大河ドラマ「天地人」のテーマにのせて打ち上がる「天地人花火(8月2日のみ)」、大林宣彦監督の映画の主題曲にのせて上がる「この空の花」(8月3日のみ)、次々と大玉の花火が上がる「米百俵花火・尺玉100連発」、2015年からの新しいプログラム「故郷はひとつ」など、見どころがいっぱいです。

長岡空襲の犠牲者を悼んで打ち上げられる花火「白菊」

「長岡まつり大花火大会」の前夜、8月1日22:30。市内の寺院の鐘が鳴り響き、白一色の尺玉が打ち上げられます。その花火の名は「白菊」。全国のテレビや新聞で取り上げられる「正三尺玉」や「復興祈願花火フェニックス」のような派手さはありませんが、実はこれこそが長岡花火の象徴なのです。

1945年8月1日22:30。長岡市は米軍のB29による焼夷弾爆撃を受け、市内は焦土と化し、1480余名の尊い命が失われました。それから1年後、亡くなられた方への慰霊と、復興への不屈の思いを込めて、「長岡復興祭」が開かれ、それが現在の「長岡まつり大花火大会」へとつながりました。

「白菊」は死者に手向ける鎮魂の花。8月1日の夜のほか、8月2日・3日の両日とも、最初に「白菊」が打ち上げられます。ぜひ平和の祈りを込めてご覧ください。

長岡まつり大花火大会、観覧するならどこから?どうやって行くの?

マップ提供:長岡花火財団

信濃川の左岸(長岡インター側)と、右岸(長岡駅側)のどちら側からも、観覧可能。ワイドなスターマインを1番楽しみたい、という場合は、大手大橋近辺の有料観覧席(マップで①~⑪の席)を購入するのがオススメです。

また、正三尺玉の大きさを満喫したいというのであれば、長生橋上流での観覧がオススメ。花火から多少遠かったり、一部花火が見づらいという程度はOKであれば、河川敷の無料のエリアのどこからでも見ることができます(エリアによってはナイヤガラなど橋に仕掛けられた花火は見えづらいことがあります)。

交通手段は、花火大会時は市内で交通規制もあり、特に大会後の帰りは渋滞するのが常です。遠方から見に来る場合、長岡駅から河川敷までは徒歩で30分なので、電車と徒歩の組み合わせが1番確実でしょう。

車を使う場合は、公式ホームページに渋滞回避の方策をはじめ、オススメ交通手段が紹介されているので、そちらを参照してください。

交通・駐車場情報|「長岡花火」公式ウェブサイト 長岡花火財団

http://nagaokamatsuri.com/koutuu.html

・渋滞回避の虎の巻!(花火大会からのかしこい帰り方) ・方面ごとのおすすめ交通手段(パーク&ライド) ・交通規制図・JR時刻表・駐車場案内・シャトルバス・交通情報チラシのダウンロード ・駐車場情報 ・長岡まつりの最新情報はラジオで。「FM三尺玉」 ・JR長岡駅利用の皆さまへ(必読) ・車でお越しの方に便利な「道路情報アプリ」

まとめ

「長岡まつり大花火大会」は、信濃川河川敷を舞台に、見晴らしのよいロケーションを活かした壮大な花火大会です。そのスケール感と迫力を楽しみつつも、戦災と震災の悲しみを乗り越え、平和と復興を祈る花火大会に育て上げた市民の思いも知っておくと、いっそう感動的なひとときとなるでしょう。

「長岡まつり大花火大会」を楽しもう!ななびチェック!

とにかく大きい「正三尺玉」やとびきりワイドなスターマインを堪能しよう!

プログラム盛りだくさんの「長岡まつり大花火大会」。花火そのものの大きさ、広いエリアから打ち上げられるスターマインの迫力は特筆もの。名物花火はお見逃しなく!

観覧場所は交通手段とセットで考えておこう

花火打上げのため、大手大橋と長生橋は車両・歩行者ともに通行止めとなる時間帯があります。交通手段や駐車場の場所にあわせて、観覧場所を決めておきましょう。また、花火終了後は、周辺道路は非常に混雑します。未就園児など小さなお子さんを連れていく場合は、終了前のはやめのタイミングで帰途につくほうが安心です。

「長岡まつり」の前夜祭・昼のイベントも楽しんで

8月1日(火)の前夜祭にはじまり、8月2日(水)、3日(木)は「長岡まつり」が開催中。日中は長岡駅前の大手通りが歩行者天国となり、さまざまなイベントが開催されます。夜だけでなく、昼のイベントも楽しむことができます。

「長岡まつり大花火大会」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟市秋葉区は、山手線をはじめ、首都圏を走る多くの電車がつくられ、鉄道の街として知られてきました。この街で開催されるのが、鉄道ファンなら見逃せない、年に一度だけ開催される鉄道イベントです。毎年10月上旬に行なわれ、2017年は10月7日に開催。大勢の鉄道好きで賑わうイベントに出かけてみませんか。


新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟市の鳥屋野潟公園の一角で、5月~10月の第3日曜日に開かれる「潟マルシェ」。新潟市内の飲食店によるこだわりフード、自然栽培の野菜、クラフト雑貨の店などが20~30軒ほど並びます。ガーランドが彩るオシャレな林の中は、訪ねるだけでワクワク!食べる、遊ぶ、ワークショップを通じて、鳥屋野潟の水辺の魅力に触れてみませんか。


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。