新庄 |「キトキトマルシェ」月替わりでテーマが変わるイベントで地元の魅力を再発見

新庄 |「キトキトマルシェ」月替わりでテーマが変わるイベントで地元の魅力を再発見

山形県北東部に位置し、周りを山々に囲まれたのどかな風景が広がる山形県新庄市。月に1度開催されるイベント「kitokito(キトキト)マルシェ」が人気を集め、県内のみならず遠方からもたくさんのお客さんが訪れています。手づくりのフードや雑貨など、地元の魅力がギュッと詰まったマルシェの楽しみ方をご紹介します。


「kitokitoマルシェ」ってどんなイベント?

「kitokitoマルシェ」は、5月から11月までの毎月第3日曜に開催されるマルシェイベントです。会場となる「新庄市エコロジーガーデン」は、かつて蚕糸試験場として使われた建物群が残り、国の登録有形文化財に登録されている施設。

貴重な遺産を有効活用し、地元の賑わいを生み出す場所をつくろうと、「kitokitoマルシェ」は2012年にスタートしました。回を重ねるごとに来場者が増え、今では毎回2,000人近くのお客さんが足を運ぶ大盛況のイベントになっています。

パン&コーヒー、肉フェスやカレーフェスも!月替わりのテーマに注目

「kitokitoマルシェ」の楽しみのひとつは、テーマが毎回違うこと。「肉フェス」や「カレーフェス」、「お米とご飯のおとも祭」などバラエティに富んだテーマが設定され、それぞれのテーマに合ったメニューを提供するお店が30~40ほど登場します。

マルシェに集まるのは新庄・最上地方をはじめ山形県内のお店が中心で、地元にいても意外と知らなかったお店や、なかなか行く機会のなかったお店に出会えるのが魅力です。

取材に訪れたこの日は「コーヒー&パンフェス」をテーマに、地元で話題のコーヒーショップやベーカリーが出店。山形市で100年続いた洋傘店をリノベーションした人気のカフェ「BOTAcoffee(ボタコーヒー)」のほか、イベントに出店するとすぐに売り切れてしまうという米粉パン専門店「あおいそら」など、淹れたてのコーヒーや手づくりのパンを求めるお客さんでどのお店にも長い行列ができていました。

「kitokitoマルシェ」では、単にものを売り買いするだけではなく、「つくった人」と「買う人」とのコミュニケーションをとても大切にしています。“キトキト”とは、最上地方の方言で“ゆっくり”を意味する言葉。「kitokitoマルシェ」という名前には、「人と人とのふれあいを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしてほしい」という想いが込められています。

生産者と直接交流できることも、マルシェならではの醍醐味。つくり方のこだわりやオススメの食べ方など、気になることがあったら気軽に聞いてみましょう。

親子で楽しめる体験型のワークショップがいっぱい

レトロな建物が並び緑が茂る会場内には、芝生にシートを敷いてくつろぐ人がたくさん。マルシェで買ったパンやコーヒーを味わいながら、のんびりと過ごせるのがうれしいポイントです。大きな木と一体化したツリーデッキや手づくりの木製ブランコなどもあり、お子さんが思いきり遊べます。

ほかにも、新庄市の移動図書館による本の貸し出しや絵本の読み聞かせ、薪割り体験や石窯でのピザづくりワークショップなどのブースが登場するので、親子で一緒に参加してみるのもいいですね。

カフェやセレクトショップのある「Commune AOMUSHI」もチェック

「新庄市エコロジーガーデン」内には、「Commune AOMUSHI(コミューンアオムシ)」という多目的施設があります。ここは、地元の旬の食材を使ったランチが味わえるカフェや、山形県内の作家による手づくり雑貨を扱うセレクトショップ、誰かに読んでほしい本を持っていくと好きな本を持ち帰れるシェアブックスペースなどになっています。

「kitokitoマルシェ」が開催されない冬の間は、この場所を使って「kitokito大学」が開講。さまざまなゲストを招き、地元で楽しく暮らすことをテーマにした講義が行なわれています。

個性豊かな地元のお店が集結し、活気と笑顔であふれる「kitokitoマルシェ」。午前中に完売してしまうお店もあるほど人気のイベントなので、早めの来場がオススメです。ぜひ家族でおでかけしてみてくださいね。

「kitokitoマルシェ」のココがうれしい!ななびチェック!

お店の人との会話が楽しい!

お店に並ぶ商品はすべて手づくり。つくり手の思いを知ることで、買ったものを味わったり使ったりするのがますます楽しみになりそうです。

青空の下で自由なひとときを

会場内は緑が多く落ち着いた雰囲気で、シートを敷いてくつろいでもOK。マルシェで買い物をしながら、ピクニック気分も満喫できます。

授乳やおむつ替えに使えるベビースペースを配備

「Commune AOMUSHI」の2階に、ソファを設けたベビースペースを配備。小さなお子さん連れでも安心です。

「kitokitoマルシェ」について詳しくはこちら
「Commune AOMUSHI」について詳しくはこちら

関連する投稿


寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

さくらんぼの収穫量が日本一を誇る山形県。なかでも寒河江市は県内屈指のさくらんぼ産地として知られています。さくらんぼの最盛期である6月に、寒河江の魅力を体感できる「さがえ さくらんぼの祭典」を開催。1ヶ月間繰り広げられるこちらの祭典には、お子さんから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです。


南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

山形県といえば、国内有数のぶどうの産地。なかでも南陽市は、県内のぶどう栽培発祥の地といわれる街です。「漆山果樹園」は30品種以上ものぶどうを栽培する果樹園で、自慢のぶどうをたっぷり使ったパフェやジェラートを提供するカフェを併設。無添加とできたてにこだわってつくるメニューの数々は、ファミリーから評判なんですよ。




鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?