新庄 |「キトキトマルシェ」月替わりでテーマが変わるイベントで地元の魅力を再発見

新庄 |「キトキトマルシェ」月替わりでテーマが変わるイベントで地元の魅力を再発見

山形県北東部に位置し、周りを山々に囲まれたのどかな風景が広がる山形県新庄市。月に1度開催されるイベント「kitokito(キトキト)マルシェ」が人気を集め、県内のみならず遠方からもたくさんのお客さんが訪れています。手づくりのフードや雑貨など、地元の魅力がギュッと詰まったマルシェの楽しみ方をご紹介します。


「kitokitoマルシェ」ってどんなイベント?

「kitokitoマルシェ」は、5月から11月までの毎月第3日曜に開催されるマルシェイベントです。会場となる「新庄市エコロジーガーデン」は、かつて蚕糸試験場として使われた建物群が残り、国の登録有形文化財に登録されている施設。

貴重な遺産を有効活用し、地元の賑わいを生み出す場所をつくろうと、「kitokitoマルシェ」は2012年にスタートしました。回を重ねるごとに来場者が増え、今では毎回2,000人近くのお客さんが足を運ぶ大盛況のイベントになっています。

パン&コーヒー、肉フェスやカレーフェスも!月替わりのテーマに注目

「kitokitoマルシェ」の楽しみのひとつは、テーマが毎回違うこと。「肉フェス」や「カレーフェス」、「お米とご飯のおとも祭」などバラエティに富んだテーマが設定され、それぞれのテーマに合ったメニューを提供するお店が30~40ほど登場します。

マルシェに集まるのは新庄・最上地方をはじめ山形県内のお店が中心で、地元にいても意外と知らなかったお店や、なかなか行く機会のなかったお店に出会えるのが魅力です。

取材に訪れたこの日は「コーヒー&パンフェス」をテーマに、地元で話題のコーヒーショップやベーカリーが出店。山形市で100年続いた洋傘店をリノベーションした人気のカフェ「BOTAcoffee(ボタコーヒー)」のほか、イベントに出店するとすぐに売り切れてしまうという米粉パン専門店「あおいそら」など、淹れたてのコーヒーや手づくりのパンを求めるお客さんでどのお店にも長い行列ができていました。

「kitokitoマルシェ」では、単にものを売り買いするだけではなく、「つくった人」と「買う人」とのコミュニケーションをとても大切にしています。“キトキト”とは、最上地方の方言で“ゆっくり”を意味する言葉。「kitokitoマルシェ」という名前には、「人と人とのふれあいを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしてほしい」という想いが込められています。

生産者と直接交流できることも、マルシェならではの醍醐味。つくり方のこだわりやオススメの食べ方など、気になることがあったら気軽に聞いてみましょう。

親子で楽しめる体験型のワークショップがいっぱい

レトロな建物が並び緑が茂る会場内には、芝生にシートを敷いてくつろぐ人がたくさん。マルシェで買ったパンやコーヒーを味わいながら、のんびりと過ごせるのがうれしいポイントです。大きな木と一体化したツリーデッキや手づくりの木製ブランコなどもあり、お子さんが思いきり遊べます。

ほかにも、新庄市の移動図書館による本の貸し出しや絵本の読み聞かせ、薪割り体験や石窯でのピザづくりワークショップなどのブースが登場するので、親子で一緒に参加してみるのもいいですね。

カフェやセレクトショップのある「Commune AOMUSHI」もチェック

「新庄市エコロジーガーデン」内には、「Commune AOMUSHI(コミューンアオムシ)」という多目的施設があります。ここは、地元の旬の食材を使ったランチが味わえるカフェや、山形県内の作家による手づくり雑貨を扱うセレクトショップ、誰かに読んでほしい本を持っていくと好きな本を持ち帰れるシェアブックスペースなどになっています。

「kitokitoマルシェ」が開催されない冬の間は、この場所を使って「kitokito大学」が開講。さまざまなゲストを招き、地元で楽しく暮らすことをテーマにした講義が行なわれています。

個性豊かな地元のお店が集結し、活気と笑顔であふれる「kitokitoマルシェ」。午前中に完売してしまうお店もあるほど人気のイベントなので、早めの来場がオススメです。ぜひ家族でおでかけしてみてくださいね。

「kitokitoマルシェ」のココがうれしい!ななびチェック!

お店の人との会話が楽しい!

お店に並ぶ商品はすべて手づくり。つくり手の思いを知ることで、買ったものを味わったり使ったりするのがますます楽しみになりそうです。

青空の下で自由なひとときを

会場内は緑が多く落ち着いた雰囲気で、シートを敷いてくつろいでもOK。マルシェで買い物をしながら、ピクニック気分も満喫できます。

授乳やおむつ替えに使えるベビースペースを配備

「Commune AOMUSHI」の2階に、ソファを設けたベビースペースを配備。小さなお子さん連れでも安心です。

「kitokitoマルシェ」について詳しくはこちら
「Commune AOMUSHI」について詳しくはこちら

関連する投稿


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


新庄 |「CAFE LABO」チーズがとろとろ♪ラクレットチーズを使ったメニューが評判のカフェレストラン

新庄 |「CAFE LABO」チーズがとろとろ♪ラクレットチーズを使ったメニューが評判のカフェレストラン

山形県新庄市にある「CAFE LABO」は、ラクレットチーズをたっぷりトッピングしたメニューが人気のカフェレストラン。パンケーキやパフェなどのスイーツもそろうほか、手づくりのお弁当やオードブルが地元のファミリーから好評です。映像制作会社が運営を手がけていることから、写真撮影ができるフォトスタジオも併設しているんですよ。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


最新の投稿


妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

新潟県妙高市にあるホテル&リゾート「アパリゾート上越妙高」では、2014年からイルミネーションイベントが開催されています。2018年に「アパリュージョン」という名称になってから、光と音で構成するデジタルアートイリュージョンとして、内容も規模もパワーアップ!その魅力をご紹介します!


仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

秋田県仙北市にたたずむ日本一深い湖・田沢湖。湖畔から歩いて約5分の場所にあるのが「田沢湖キャンプ場」です。雑木林に囲まれたキャンプサイトは、エメラルドグリーンに輝く田沢湖を望む絶好のロケーション。湖でのカヌーやカヤック、周辺の山や川でのトレッキングやラフティングなど、さまざまなアウトドアツアーも行なっています。


奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

青森県おいらせ町で毎年9月に行なわれる「おいらせ百石まつり」と「おいらせ下田まつり」。旧百石町と旧下田町が合併して生まれた“おいらせ町”の秋祭りで、豊作や大漁、無病息災などを祈願して行なわれます。全国的にも珍しい種類の山車からさまざまな催し物まで、見どころをたっぷりとご紹介します!