盛岡 |「中村工房」で春色ショールに手仕事のぬくもりを感じて

盛岡 |「中村工房」で春色ショールに手仕事のぬくもりを感じて

JR盛岡駅から車で10分。盛岡市高松にある「中村工房」は、大正8年創業の毛織物・ホームスパン工房です。製品の購入はもちろん、ゆったりと穏やかに織り上げられるその製作風景を見学することもできます。まだ少し肌寒い日も多い春の東北。手仕事のやさしさあふれる「中村工房」の春色のショールをふわりと肩にかけ、出かけてみませんか。


ホームスパンを伝える「中村工房」

ホームスパンとは、英国・スコットランド生まれの軽くて暖かな毛織物のこと。岩手には、明治時代にイギリス人宣教師によってその技術が伝えられました。

ホームスパンの織物は原毛の染め、紡ぎ、織りと、すべてが手作業のため、手間と時間がかかります。北海道や長野など、寒冷地にあった全国の工房は姿を消していきましたが、岩手では盛岡を中心に数ヶ所の工房が技術を伝え続け、現在では全国シェアの大半を占める“地場産業”のひとつとなっています。

「中村工房」は、そんなホームスパン技術を引き継ぐ数少ない工房のひとつ。3代目の中村博行さんから、息子で4代目の和正さんへと技術を継承しながら、デザインに時代の流れを取り入れつつ、ぬくもりのある製品を今もつくり続けています。

心のこもった手仕事を見学

「中村工房」を訪れたらぜひ、手織りや手紡ぎの様子を見学させてもらいましょう。

木造の工房内は、40年来の古色を帯びた織り機や紡ぎ車などが並ぶ、どこかノスタルジックな空間。15ほどに分かれるホームスパンの工程のうち、洗いや染色などを除くおよそ半分の工程がここで進められます。

この日は、夏物のストールを織る様子を見学させてもらいました。“はた織り”というとパタンパタンとリズミカルな動きを想像しますが、ホームスパンのはた織りの作業は思いのほか静かでゆったり。横糸を行ったり来たりさせながら、空気を含むように、ゆっくりと織り上げていきます。

「中村工房」では、ひとつの製品に対して、紡ぐことから織り上げる工程までを一人ひとりが担当します。染め以外の作業を分業制にしていないのは、紡ぎながら糸の調子を判断し、糸にあった力加減で織ることができるから。熟練の作り手たちによって、慈しむように、一つひとつの作業が進んでいきます。

春色の紡毛糸ストール

“今”を大切にする「中村工房」。天然染料のほか、化学染料も使うことで時代にあったカラーやデザインの製品を作っています。

ふわふわの手ざわりの「紡毛糸のストール」は、淡いピンク色が春にぴったり。二重織りで裏側は淡いブルー。首にくるりと巻くとブルーがちらりと見えて表情豊かです。

春をイメージさせるカラーのほかにも、表が黄色、裏がグレーなど、多彩なバリエーションがあります。おしゃれな博行さんの配色の提案は、いつも斬新。「“こんなのは売れない”ってよくケンカにはなりますけど、手探りでもいろいろやっていかないと」と、息子の和正さんは笑います。

変化し続けることも「中村工房」のホームスパンの魅力のひとつです。

「中村工房」の定番、個性派さんにおすすめのムカデマフラー

ムカデの足のように四方にぐるっとフリンジがついた「ムカデマフラー」は定番の人気アイテム。遊び心のあるデザインながら、ナチュラルな羊毛で織ったやさしい色合いが使い勝手のよいマフラーです。「親ムカデ」「子ムカデ」「孫ムカデ」と、3サイズ展開。自分へのごほうびにはもちろん、家族へのプレゼントとしてもおすすめです。

しっとりとした肌ざわりのマフラーは、お気に入りのアイテムになってくれそうですね。

まとめ

軽くて暖かなホームスパン。やわらかな織地に包み込まれるような使い心地からも、作り手たちのやさしさが伝わってくるようです。盛岡で地道に受け継がれてきた手仕事の技を「中村工房」で目の当たりにすれば、ホームスパンのぬくもりの源をきっと発見できますよ。

「中村工房」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

毎年5月~11月の第1日曜に、岩手県雫石町の「雫石よしゃれ通り商店街」で開催される「元祖!しずくいし軽トラ市」。470メートルの通りを埋め尽くすように、新鮮な野菜やフルーツ、海産物、クラフト雑貨などを積んだ軽トラックがずらりと並びます。ショッピングはもちろん、お子さんが楽しめるワークショップもありますよ。


最新の投稿


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.4】親子で楽しめるイベントが盛りだくさん!

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.4】親子で楽しめるイベントが盛りだくさん!

猪苗代では、1年をとおして多彩なイベントが行なわれています。主催が行政・企業・個人だったり、テーマもスポーツ・音楽フェス・桜祭り・花火・マルシェ…と多岐にわたります。今回はそんな楽しいイベントが盛りだくさんなイベントの街・猪苗代と、ご家族連れにオススメの「観音寺川桜祭り」「つながるしぇ」をご紹介します。


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

福島県岩瀬郡天栄村にある「ブリティッシュヒルズ」は、福島県にいながらイギリスに留学したような雰囲気で、滞在しながら英語を学ぶことができるリゾート施設。中世イギリスを再現したマナーハウスや街並みは、まるで本物のイギリスのよう!レストランやティールームで、本場イギリスの料理やスイーツなども味わえます。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代町では、寒暖差のある気候を活かしてそばやお米、新鮮な高原野菜が栽培されています。今回は、そんな旬な新米やそばをおなかいっぱい食べられる人気のお店に加え、昔ながらのご当地スイーツ「天ぷらまんじゅう」をご紹介します。


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?