青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

毎年7月1週末に開催されるクラフトフェア「A-line(エーライン)」が、今年も7月1日(土)、2日(日)の2日間開催されます!日本全国から集まったクラフト作家の作品が1度に楽しめる「A-line」の見どころをご紹介します!


総勢150組のクラフト作家の作品が並ぶ、大規模屋外クラフトイベント

「A-line」は、東北最大級、全国でも有数の屋外クラフトイベント。青森市の「モヤヒルズ オートキャンプ場」で開催されます。自然あふれるロケーションで楽しめるイベントを目指し、2011年からはじまりました。

発足当初から来場者数は1万人を超え、年々成長し続けています。今年もさまざまなジャンルのクラフト作家の出展申し込みが、全国各地から240件もあったのだとか。運営スタッフが厳選したクラフト作家150組、そして、青森市内の人気飲食店も出展する予定です。

子どもから大人まで楽しめるワークショップも盛りだくさん

クラフトのジャンルは、陶磁器、ガラス、皮革加工、金属加工、木工、染織など多岐に渡ります。青森県外からの出展者の割合が多く、この日のために全国から青森に集結します。
会場にはびっしりとお店が並び、1周見てまわるだけでも数時間かかるほど!

また作品の販売だけでなくワークショップも数多くあり、「自分だけ」の1点ものを持ち帰ることができます。お子さんが参加できるワークショップもあるので、親子で楽しめそうですね。昨年は竹とんぼを手作りするワークショップなどが、お子さんたちに大好評だったとのこと。

飲食ブースでは、青空のもとフレンチ・イタリアンに舌鼓!

飲食エリアでは、青森の人気飲食店がこの日のためのメニューを携えて出店!およそ30店舗の飲食ブースが並びます。女性客が多いイベントなので、女性が好むフレンチ・イタリアンを多くチョイスして出展しているそうです。

過去にはパスタなどオシャレなものから、台湾まぜ麺など挑戦的なものまで、幅広い分野の飲食ブースが集まっていました。また、自家用車でいらっしゃる方が多いため、ノンアルコールの飲料も多く取り揃えています。

飲食ブースの近くには、テーブルやイスを用意してあるので、食べ物を買ってひと休みもできます。もちろん、持参したレジャーシートで休んでもOK!

「A-line」期間外も、1年を通して楽しめるキャンプ場「モヤヒルズ」

会場の「モヤヒルズ オートキャンプ場」は八甲田の北に位置し、青森市内を一望できます。日中は陸奥湾、夜は青森市街の夜景が見え、青森ねぶた祭りの時期になると遠方からの観光客がベースキャンプを張ったりしています。

青森市街からのアクセスもよく、「A-line」などイベントだけでなく四季を通してアウトドアやスポーツを楽しめる場なので、家族で思いっきり自然を満喫するにはオススメのスポット。オートキャンプ場にはレンタル用品も豊富にあり、バーベキューコンロや調理器具セットなども借りることができるので、気軽に訪れても安心です!レストランや温泉もあり、屋内でもゆったりできますよ。

まとめ

とびきりの自然のなかで、さまざまな作家と出会うことができる「A-line」。探し求めていたステキな商品に、出会うことができるかもしれません。夏の思い出づくりに、ご家族で訪れてみてはいかがですか?

「青森クラフトフェアA-line」を楽しもう!ななびチェック!

ひと休みできる休憩スポットあり

飲食スペース付近にはテーブルとイスが備えられ、購入した食べ物をその場でゆっくり座って食べられます。

キャンプ場なので、とにかく思いっきり遊べる!

広大な自然のなか行われるイベント。もちろん、当たり前にアウトドアを楽しむこともできます。

トイレもきちんと確保されています

屋外イベントですが、トイレは2ヶ所設置されています。

「A-line」について詳しくはこちら

関連する投稿


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

青森県深浦町にある「ウェスパ椿山」は、世界遺産・白神山地をはじめとする豊かな観光名所に囲まれたリゾート施設です。別荘感覚でくつろげるコテージでの宿泊や、地元の食材を使用した新鮮なお食事が堪能できます。また、ガラス製作工房や昆虫館といった体験施設や、物産館も併設。青森の魅力にたくさん触れて、旅をもっとステキにしませんか?



最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。