青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

毎年7月1週末に開催されるクラフトフェア「A-line(エーライン)」が、今年も7月1日(土)、2日(日)の2日間開催されます!日本全国から集まったクラフト作家の作品が1度に楽しめる「A-line」の見どころをご紹介します!


総勢150組のクラフト作家の作品が並ぶ、大規模屋外クラフトイベント

「A-line」は、東北最大級、全国でも有数の屋外クラフトイベント。青森市の「モヤヒルズ オートキャンプ場」で開催されます。自然あふれるロケーションで楽しめるイベントを目指し、2011年からはじまりました。

発足当初から来場者数は1万人を超え、年々成長し続けています。今年もさまざまなジャンルのクラフト作家の出展申し込みが、全国各地から240件もあったのだとか。運営スタッフが厳選したクラフト作家150組、そして、青森市内の人気飲食店も出展する予定です。

子どもから大人まで楽しめるワークショップも盛りだくさん

クラフトのジャンルは、陶磁器、ガラス、皮革加工、金属加工、木工、染織など多岐に渡ります。青森県外からの出展者の割合が多く、この日のために全国から青森に集結します。
会場にはびっしりとお店が並び、1周見てまわるだけでも数時間かかるほど!

また作品の販売だけでなくワークショップも数多くあり、「自分だけ」の1点ものを持ち帰ることができます。お子さんが参加できるワークショップもあるので、親子で楽しめそうですね。昨年は竹とんぼを手作りするワークショップなどが、お子さんたちに大好評だったとのこと。

飲食ブースでは、青空のもとフレンチ・イタリアンに舌鼓!

飲食エリアでは、青森の人気飲食店がこの日のためのメニューを携えて出店!およそ30店舗の飲食ブースが並びます。女性客が多いイベントなので、女性が好むフレンチ・イタリアンを多くチョイスして出展しているそうです。

過去にはパスタなどオシャレなものから、台湾まぜ麺など挑戦的なものまで、幅広い分野の飲食ブースが集まっていました。また、自家用車でいらっしゃる方が多いため、ノンアルコールの飲料も多く取り揃えています。

飲食ブースの近くには、テーブルやイスを用意してあるので、食べ物を買ってひと休みもできます。もちろん、持参したレジャーシートで休んでもOK!

「A-line」期間外も、1年を通して楽しめるキャンプ場「モヤヒルズ」

会場の「モヤヒルズ オートキャンプ場」は八甲田の北に位置し、青森市内を一望できます。日中は陸奥湾、夜は青森市街の夜景が見え、青森ねぶた祭りの時期になると遠方からの観光客がベースキャンプを張ったりしています。

青森市街からのアクセスもよく、「A-line」などイベントだけでなく四季を通してアウトドアやスポーツを楽しめる場なので、家族で思いっきり自然を満喫するにはオススメのスポット。オートキャンプ場にはレンタル用品も豊富にあり、バーベキューコンロや調理器具セットなども借りることができるので、気軽に訪れても安心です!レストランや温泉もあり、屋内でもゆったりできますよ。

まとめ

とびきりの自然のなかで、さまざまな作家と出会うことができる「A-line」。探し求めていたステキな商品に、出会うことができるかもしれません。夏の思い出づくりに、ご家族で訪れてみてはいかがですか?

「青森クラフトフェアA-line」を楽しもう!ななびチェック!

ひと休みできる休憩スポットあり

飲食スペース付近にはテーブルとイスが備えられ、購入した食べ物をその場でゆっくり座って食べられます。

キャンプ場なので、とにかく思いっきり遊べる!

広大な自然のなか行われるイベント。もちろん、当たり前にアウトドアを楽しむこともできます。

トイレもきちんと確保されています

屋外イベントですが、トイレは2ヶ所設置されています。

「A-line」について詳しくはこちら

関連するキーワード


青森県 青森市 レジャー

関連する投稿


十和田 |「アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション」青色イルミネーション×アートの幻想的な世界

十和田 |「アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション」青色イルミネーション×アートの幻想的な世界

青森県十和田市で開催される「アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション」は、アートの街・十和田ならではの、作品とイルミネーションのコラボが美しいイベント。会場は日中から様変わりした景色が広がり、幻想的な雰囲気が楽しめます。今回は、イルミネーションの見どころや、同時開催のイベントの魅力もたっぷりご紹介します!


青森 |「冬のおでかけイベントガイド」あおもり雪灯りまつり、弘前城雪燈籠まつり、十和田湖冬物語、青森冬まつりなど

青森 |「冬のおでかけイベントガイド」あおもり雪灯りまつり、弘前城雪燈籠まつり、十和田湖冬物語、青森冬まつりなど

寒さが厳しい日が続きますが、冬ならではのイベントが各地で開催中です!キリッと冷えた空気だからこそ美しく輝くライトアップイベントや、ウィンタースポーツ、レジャーでのアクティビティなど、盛りだくさんです!今回は、この冬、ぜひご家族ででかけたい冬のイベントをご紹介します。


青森 |「青森魚菜センター」白飯がススム!名物のっけ丼とふるさとの味

青森 |「青森魚菜センター」白飯がススム!名物のっけ丼とふるさとの味

青森県青森市の「青森魚菜センター」は、青森駅から徒歩5分のところにある新鮮食材やお惣菜などが並ぶ市場です。創立40年以上の歴史ある「青森魚菜センター」は、丼ぶりご飯に好きな具材をのっけて食べる、元祖「のっけ丼」の市場として有名。今回は名物「のっけ丼」はもちろん、ご飯がどんどんススムおいしい食材までたっぷりご紹介します!


青森 |「津軽びいどろ」北洋硝子から生み出される伝統工芸品の美しさとぬくもり

青森 |「津軽びいどろ」北洋硝子から生み出される伝統工芸品の美しさとぬくもり

青森市には、「津軽びいどろ」という手づくりのガラス製品を生産しているガラス製造会社「北洋硝子株式会社」があります。青森県の伝統工芸士としても認定される技をもつ職人たちが、ガラスからつくりだす日本の四季折々の彩りは、格別の美しさ!人々を魅了してやまないその魅力をご紹介します。


青森 |「キャンプ・スキー場ガイド」

青森 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。