青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

毎年7月1週末に開催されるクラフトフェア「A-line(エーライン)」が、今年も7月1日(土)、2日(日)の2日間開催されます!日本全国から集まったクラフト作家の作品が1度に楽しめる「A-line」の見どころをご紹介します!


総勢150組のクラフト作家の作品が並ぶ、大規模屋外クラフトイベント

「A-line」は、東北最大級、全国でも有数の屋外クラフトイベント。青森市の「モヤヒルズ オートキャンプ場」で開催されます。自然あふれるロケーションで楽しめるイベントを目指し、2011年からはじまりました。

発足当初から来場者数は1万人を超え、年々成長し続けています。今年もさまざまなジャンルのクラフト作家の出展申し込みが、全国各地から240件もあったのだとか。運営スタッフが厳選したクラフト作家150組、そして、青森市内の人気飲食店も出展する予定です。

子どもから大人まで楽しめるワークショップも盛りだくさん

クラフトのジャンルは、陶磁器、ガラス、皮革加工、金属加工、木工、染織など多岐に渡ります。青森県外からの出展者の割合が多く、この日のために全国から青森に集結します。
会場にはびっしりとお店が並び、1周見てまわるだけでも数時間かかるほど!

また作品の販売だけでなくワークショップも数多くあり、「自分だけ」の1点ものを持ち帰ることができます。お子さんが参加できるワークショップもあるので、親子で楽しめそうですね。昨年は竹とんぼを手作りするワークショップなどが、お子さんたちに大好評だったとのこと。

飲食ブースでは、青空のもとフレンチ・イタリアンに舌鼓!

飲食エリアでは、青森の人気飲食店がこの日のためのメニューを携えて出店!およそ30店舗の飲食ブースが並びます。女性客が多いイベントなので、女性が好むフレンチ・イタリアンを多くチョイスして出展しているそうです。

過去にはパスタなどオシャレなものから、台湾まぜ麺など挑戦的なものまで、幅広い分野の飲食ブースが集まっていました。また、自家用車でいらっしゃる方が多いため、ノンアルコールの飲料も多く取り揃えています。

飲食ブースの近くには、テーブルやイスを用意してあるので、食べ物を買ってひと休みもできます。もちろん、持参したレジャーシートで休んでもOK!

「A-line」期間外も、1年を通して楽しめるキャンプ場「モヤヒルズ」

会場の「モヤヒルズ オートキャンプ場」は八甲田の北に位置し、青森市内を一望できます。日中は陸奥湾、夜は青森市街の夜景が見え、青森ねぶた祭りの時期になると遠方からの観光客がベースキャンプを張ったりしています。

青森市街からのアクセスもよく、「A-line」などイベントだけでなく四季を通してアウトドアやスポーツを楽しめる場なので、家族で思いっきり自然を満喫するにはオススメのスポット。オートキャンプ場にはレンタル用品も豊富にあり、バーベキューコンロや調理器具セットなども借りることができるので、気軽に訪れても安心です!レストランや温泉もあり、屋内でもゆったりできますよ。

まとめ

とびきりの自然のなかで、さまざまな作家と出会うことができる「A-line」。探し求めていたステキな商品に、出会うことができるかもしれません。夏の思い出づくりに、ご家族で訪れてみてはいかがですか?

「青森クラフトフェアA-line」を楽しもう!ななびチェック!

ひと休みできる休憩スポットあり

飲食スペース付近にはテーブルとイスが備えられ、購入した食べ物をその場でゆっくり座って食べられます。

キャンプ場なので、とにかく思いっきり遊べる!

広大な自然のなか行われるイベント。もちろん、当たり前にアウトドアを楽しむこともできます。

トイレもきちんと確保されています

屋外イベントですが、トイレは2ヶ所設置されています。

「A-line」について詳しくはこちら

関連する投稿


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

青森県弘前市には、およそ50年の伝統をもつ工芸品「BUNACO(ブナコ)」があります。独自の製法でひとつずつ丁寧につくられた「ブナコ」製品は、エコロジーな技術が国内外で高く評価され、世界中から注目を集めるほど。弘前市にある唯一の専門ショールーム「BUNACO ShowRoom BLESS」をご紹介します。


八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

青森県八戸市の中心街にある「八戸ポータルミュージアム はっち」は、八戸の地域資源をベースに、八戸市民のさまざまな活動をサポートする拠点施設。観光にも、市民活動にも、どちらにも大活躍している八戸の顔ともいえる施設です。1階から5階まで八戸づくしな「はっち」の魅力をご紹介します。


青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

この夏、青森で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。青森の「青森ねぶた祭り」、弘前の「弘前ねぷたまつり」、八戸の「八戸三社大祭」、五所川原の「五所川原立佞武多祭り」、むつ市大湊地の「大湊ネブタ」、田名部地の「田名部まつり」。観光などで初めて参加する方にも、地元の方にもお役立ていただけるようまとめました!


青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森県青森市に、パンと和洋菓子の製造工場を構える「工藤パン」。青森県民から「くどパン」の愛称で親しまれ、なじみの商品を数々つくり出している有名製パンメーカーです。1932年にむつ市の小さなパン屋さんからはじまり、今やテレビにも取り上げられるほど有名に。全国からも注目が集まる「工藤パン」の魅力をご紹介します!


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。