盛岡 |「フェザンおでんせ館」1Fに魅力あふれる37ショップがオープン

盛岡 |「フェザンおでんせ館」1Fに魅力あふれる37ショップがオープン

岩手県盛岡市の玄関口として知られるJR盛岡駅。買い物やグルメをお目当てに地元の方たちも多く利用している駅ビル「フェザン」が、2017年3月にリニューアルオープン。南館が名称を改め「おでんせ館」として生まれ変わりました。「おでんせ館」1Fのコンセプトは“ナンブモダン”で、新規出店のレストランやショップもありますよ。


南部鉄器風のデザインがあしらわれた天井や柱

「おでんせ館」1Fには、盛岡を代表する店が多く見られ、東北の銘菓を扱うおみやげ店などとあわせて37店舗が出店。新設された「レストランゾーン」では、盛岡じゃじゃ麺の元祖「白龍」、納豆キムチラーメンで有名な「柳家」、三陸の新鮮魚介が味わえる宮古の名物店「丼の店おいかわ」、岩手県産食材にこだわったグリル料理店「みのるダイニング」など、地元の方にも人気の店が並びます。

明るく雰囲気のよいお店で、ご当地グルメを気軽に味わえるのはうれしい限り。館内の天井や柱などには南部鉄器風や南部古代型染めをモチーフにしたデザインで、岩手県ならではの雰囲気が漂います。また、岩手の魅力を発信する「いわて銀河のしおり」のひとつであるコインロッカーには、地元の専門学校の生徒たちが描いた、岩手の名物や特産品のイラストも。

郷土食や地酒など充実の「レストランゾーン」

木の温もり感じられる「レストランゾーン」は今回のリニューアルで新設されたコーナーで、地元でも人気の飲食店がオープン。なかでも盛岡じゃじゃ麺の元祖として全国的にも知られる「白龍」の出店は地元でも話題です。昭和20年代に創業した本店は行列ができる超人気店だけに、同じ味を駅ビル内で気軽に味わえるのは、ちょっとお得な気分。太めの麺とこだわりの肉味噌、お好みの調味料をよく混ぜて食べましょう。シメにはもちろん「ちーたんたん」を!

「白龍」の並びには、焼肉と盛岡冷麺の人気店「大同苑」がオープン。なめらかでのどごしのよい麺、コクがありながら清涼感あふれるスープ、シャキシャキ食感のキムチなどが絶妙に絡み合い、調和のとれた冷麺に仕上がっています。本場盛岡の冷麺のおいしさに感動必至。

「レストランゾーン」の店舗はいずれも店内が広く開放的で、ファミリーやグループで気軽に利用できるのもオススメのポイントです。

28店舗が並ぶ、「お土産・物販ゾーン」

おみやげやデリカ店舗のならびには、羊羹の老舗「回進堂」や前沢の和洋菓子店「フルールきくや」、「パティシエのりんごスティック」が評判の「ラグノオ」など新規出店を加え28店舗がオープンしました。

また、岩手のみならず、宮城の笹かまぼこの老舗「阿部蒲鉾店」やロングセラー「萩の月」の「菓匠の三全」、東北全域の銘菓や工芸品などを厳選した「東北めぐり いろといろ」など、多くの店があります。お友だちへの気軽なおみやげから贈答品まで、目的や用途に応じて使い勝手よく利用できそうですね。

岩手の銘菓や名物ケーキも買える

盛岡市内の大通りで創業し、ちょうど50年を迎える「チーズケーキのチロル」は、盛岡っ子にはおなじみのスイーツ。定番の「クリームチーズケーキ」のほか、マンゴーやロイヤルミルクティー、抹茶など、20種類ほどフレーバーがあります。そのうち7~8種類ほどが店頭に並びます。

「中松屋」「丸基屋」「創菓工房みやざわ」「手づくり村菓子工房」という岩手県内4つの菓子店が集まった「岩手菓子倶楽部」は、おみやげの種類が豊富なショップ。チャグチャグ馬ッコをモチーフにしたかわいいお菓子や、盛岡城をかたどった「城サブレ」など、ユニークなおみやげもありますよ。

まとめ

新館のリニューアルオープンで買い物が楽しくなった「フェザン」は、さらに「おでんせ館」1Fと本館を改装しグランドオープン。ますます充実する「フェザン」に、これからも注目です。

赤ちゃん連れでも安心!ななびチェック!

ベビーシート&ベビーキープを完備

おむつ交換などに使うベビーシートは本館・おでんせ館あわせて4ヶ所に、赤ちゃんが安心して座れるベビーキープは6ヶ所にあります。

本館には授乳室もあります!

婦人服やファッション雑貨などの店が並ぶ本館2Fに授乳室があります。気軽に使用できるので、赤ちゃんがいるママも安心。

困った時は総合案内所へ

本館2Fにあるインフォメーションでは、ベビーカーや車いすの貸し出しなども行なっています。

「フェザンおでんせ館」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。