柏崎 |「えんま市」500軒を超える露店を隅々まで楽しむ参戦ガイド!

柏崎 |「えんま市」500軒を超える露店を隅々まで楽しむ参戦ガイド!

市(いち)やお祭りで、屋台や露店の立ち並ぶ様子、その賑わいには、心浮き立たせられるもの。新潟県柏崎市には、その露店がなんと500軒以上、約2kmに渡って続く市、「えんま市」があります。例年6月14日(水)~16日(金)の3日間開催され、20万人もが訪れるイベントです。初参戦してみたい方へのガイドもお届けします。


200年の歴史がある「えんま市」。閻魔堂にも参拝を

「えんま市」のそもそものはじまりは、馬を売買する「馬市」。それが江戸時代後期の文政年間(1818~1829年)には今のような露店が並ぶ市になったといいます。全国各地の祭りをまわる露天商にとって、6月15日前後という日取りや、柏崎という場所が、一堂に会するに都合がよかったようで、その規模は大きくなっていきました。

村上市の村上大祭、新潟市の蒲原大祭に並ぶ新潟三大高市(たかまち)のひとつともされ、今や、3日間での人出はなんと20万人を超えるといわれます。

ところで、「えんま市」という名には、なにやら恐ろしげなイメージもありますが、実は「閻魔様」の祀られている閻魔堂(えんまどう)の縁日に開催される市、という意味があります。本町通りの閻魔堂にはぜひお参りしていってくださいね。

えんま市の開催時間は10:00~22:00まで。ゆったり見られる昼と、賑わう夜の雰囲気の違いを楽しむのもよいもの。とりわけ夜は、明かりで浮かび上がった夜店独特の雰囲気に、テンションも上がります。さまざまなものが魅力的に見え、あれもこれも欲しくなって困るかも?

定番メニューを食べるもよし、新潟名物を狙うのもよし

屋台の楽しみといえば、食べ物! 全国の露店が集まるので、たこ焼き、りんご飴などの定番メニューから、日本各地の名物食べ物、タイやトルコなどの海外の食べものなど、とにかく幅広く揃っています。

せっかく来たからには名物を食べてみたいもの。「えんま市」では市内の飲食店や観光協会が地元グルメなどを販売しているそう。海の近い柏崎ならではの地元グルメとあれば楽しみですね。

新潟でしか見られない露店としては、「ポッポ焼き」があります。新潟の下越地方発祥の、黒砂糖風味のもちもちした細長いパンのようなお菓子です。中越地方では花見や縁日のとき以外はなかなか出会えないお菓子、見つけたらぜひ味わってみてください。

駅からのルートは?お子さん連れの際の注意点は?

小さなお子さん連れなら、混みあう時間は避けたいところでしょう。柏崎市商業観光課にアクセスについて、聞いてみました。

現地までの交通手段は電車がオススメですが、車での来場も可能だそう。えんま市開催中はスポーツ施設「新潟県立柏崎アクアパーク(柏崎市学校町6-73)」(http://aqua.ksz.or.jp/) に駐車することが可能です。

電車を使う際は、柏崎駅より徒歩で10分、東柏崎駅からも徒歩約10分で会場に着きます。柏崎駅からは、駅前通りをまっすぐ進むと、えんま市の会場に着くので、初めて参加される方は、柏崎駅のご利用がオススメです。

小さなお子さん連れにオススメの時間帯は平日の午前中または昼過ぎ。この時間帯であれば、大きな混雑が起きにくいため、小さなお子さん連れでも安心して楽しめるそう。夕方以降になると多くの人が訪れるため、ベビーカーを使用する際は注意が必要そうです。

また、お子さまの迷子対策もしておきたいもの。しっかり手をつなぐことはもちろん、親子の名前と連絡先を明記した迷子札をお子さんに持たせておいたり、はぐれたときのために集合時間と場所を決めておくなど、事前にひと工夫するとよいでしょう。

まとめ

露店商の多さでは全国でも屈指の規模を誇る「えんま市」。閻魔堂に参拝して、市の由来や歴史に思いをはせつつ、延々続く露店を見ながら祭の雰囲気にひたり、グルメや、ショッピングを楽しみましょう。なお、通常の露店は6月14日(水)~16日(金)の3日間だけですが、瀬戸物市、植木市は翌6月17日(土)も開催しているそうです。

取材協力及び写真提供:柏崎市 産業振興部 商業観光課 観光振興係

「えんま市」を楽しもう!ななびチェック!

全国から集まる露店を見て体感する

見ているだけでもワクワクする500軒もの露店がずらり。昔から続く賑わいを体感し、大人も童心にかえれるイベントです。

グルメを味わう

新潟や柏崎のご当地グルメを味わったり、ちょっと珍しい1品を探したり、定番品を楽しんだり。幅広い屋台グルメが年代問わず、楽しませてくれます。

ゆったり過ごすなら午前中が狙い目!

人混みの多さでも知られる「えんま市」ですが、午前中から昼過ぎまではゆったりと見られるそう。初参戦なら早めの時間に行ったほうが安心です。

「えんま市」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟県内では、毎日どこかで定期市が開催されています。採れたての野菜や新鮮な魚介、おいしいお菓子や衣類などがそろい、まるでお宝の山のよう。お店の人からは野菜の育て方や調理方法など、ためになる話を直接聞けて、実りの多い時間を過ごせそうです。旅の途中に訪れても温かく迎えてくれるので、親子で定期市めぐりをしてみてはいかがですか?


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町に来たらどうしても食べておきたいのが、十日町発祥の「ふのりそば」。つなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻を使い、「へぎ」という器に盛り付けるため、「へぎそば」とも呼ばれ、とても強いコシとツルツルの喉ごしが特徴です。近年は首都圏でも人気があり、これをめあてに多くの人が訪れる「ふのりそば」についてご紹介します。


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.1】十日町市ってどんなところ?

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.1】十日町市ってどんなところ?

十日町市は新潟県南部に位置し、信濃川が中央を流れ、山々に囲まれた自然豊かな町。日本の原風景のような棚田やブナ林が今でも残っていて、豊かな食文化や織物などの産業を育んできました。世界が注目する大地の芸術祭や縄文文化、温泉、そして温かい人情も味わえる十日町市を紹介していきます。


妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

新潟県妙高市にあるホテル&リゾート「アパリゾート上越妙高」では、2014年からイルミネーションイベントが開催されています。2018年に「アパリュージョン」という名称になってから、光と音で構成するデジタルアートイリュージョンとして、内容も規模もパワーアップ!その魅力をご紹介します!


新潟 |「mimi(ミミ)」子どもの靴と洋服がそろうセレクトショップ

新潟 |「mimi(ミミ)」子どもの靴と洋服がそろうセレクトショップ

新潟県新潟市にある「mimi」は、子ども靴や服を取り扱うセレクトショップ。「足に合う靴選びのお手伝い」をテーマに、赤ちゃんからキッズまで、さまざまなタイプの靴がそろっています。棚にずらりと並んだ靴や洋服など、扱う商品はどれもかわいいだけでなく、かっこいいものもいっぱい。大人サイズの洋服や雑貨もあり親子で楽しめます。キッズスペースもあり、お子さん連れも安心してショッピングができるお店です。


最新の投稿


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟県内では、毎日どこかで定期市が開催されています。採れたての野菜や新鮮な魚介、おいしいお菓子や衣類などがそろい、まるでお宝の山のよう。お店の人からは野菜の育て方や調理方法など、ためになる話を直接聞けて、実りの多い時間を過ごせそうです。旅の途中に訪れても温かく迎えてくれるので、親子で定期市めぐりをしてみてはいかがですか?


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町に来たらどうしても食べておきたいのが、十日町発祥の「ふのりそば」。つなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻を使い、「へぎ」という器に盛り付けるため、「へぎそば」とも呼ばれ、とても強いコシとツルツルの喉ごしが特徴です。近年は首都圏でも人気があり、これをめあてに多くの人が訪れる「ふのりそば」についてご紹介します。


横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

青森県上北郡横浜町の国道279号線沿いにたたずむ、豆腐茶屋「湧水亭」。この地に湧き出るお水と良質な国産大豆でつくる、こだわりのお豆腐やスイーツを販売している人気店です。平日でも多くのお客さんで賑わうお店の魅力と、リピーター続出の絶品お豆腐グルメをたっぷりとご紹介します!


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。