柏崎 |「えんま市」500軒を超える露店を隅々まで楽しむ参戦ガイド!

柏崎 |「えんま市」500軒を超える露店を隅々まで楽しむ参戦ガイド!

市(いち)やお祭りで、屋台や露店の立ち並ぶ様子、その賑わいには、心浮き立たせられるもの。新潟県柏崎市には、その露店がなんと500軒以上、約2kmに渡って続く市、「えんま市」があります。例年6月14日(水)~16日(金)の3日間開催され、20万人もが訪れるイベントです。初参戦してみたい方へのガイドもお届けします。


200年の歴史がある「えんま市」。閻魔堂にも参拝を

「えんま市」のそもそものはじまりは、馬を売買する「馬市」。それが江戸時代後期の文政年間(1818~1829年)には今のような露店が並ぶ市になったといいます。全国各地の祭りをまわる露天商にとって、6月15日前後という日取りや、柏崎という場所が、一堂に会するに都合がよかったようで、その規模は大きくなっていきました。

村上市の村上大祭、新潟市の蒲原大祭に並ぶ新潟三大高市(たかまち)のひとつともされ、今や、3日間での人出はなんと20万人を超えるといわれます。

ところで、「えんま市」という名には、なにやら恐ろしげなイメージもありますが、実は「閻魔様」の祀られている閻魔堂(えんまどう)の縁日に開催される市、という意味があります。本町通りの閻魔堂にはぜひお参りしていってくださいね。

えんま市の開催時間は10:00~22:00まで。ゆったり見られる昼と、賑わう夜の雰囲気の違いを楽しむのもよいもの。とりわけ夜は、明かりで浮かび上がった夜店独特の雰囲気に、テンションも上がります。さまざまなものが魅力的に見え、あれもこれも欲しくなって困るかも?

定番メニューを食べるもよし、新潟名物を狙うのもよし

屋台の楽しみといえば、食べ物! 全国の露店が集まるので、たこ焼き、りんご飴などの定番メニューから、日本各地の名物食べ物、タイやトルコなどの海外の食べものなど、とにかく幅広く揃っています。

せっかく来たからには名物を食べてみたいもの。「えんま市」では市内の飲食店や観光協会が地元グルメなどを販売しているそう。海の近い柏崎ならではの地元グルメとあれば楽しみですね。

新潟でしか見られない露店としては、「ポッポ焼き」があります。新潟の下越地方発祥の、黒砂糖風味のもちもちした細長いパンのようなお菓子です。中越地方では花見や縁日のとき以外はなかなか出会えないお菓子、見つけたらぜひ味わってみてください。

駅からのルートは?お子さん連れの際の注意点は?

小さなお子さん連れなら、混みあう時間は避けたいところでしょう。柏崎市商業観光課にアクセスについて、聞いてみました。

現地までの交通手段は電車がオススメですが、車での来場も可能だそう。えんま市開催中はスポーツ施設「新潟県立柏崎アクアパーク(柏崎市学校町6-73)」(http://aqua.ksz.or.jp/) に駐車することが可能です。

電車を使う際は、柏崎駅より徒歩で10分、東柏崎駅からも徒歩約10分で会場に着きます。柏崎駅からは、駅前通りをまっすぐ進むと、えんま市の会場に着くので、初めて参加される方は、柏崎駅のご利用がオススメです。

小さなお子さん連れにオススメの時間帯は平日の午前中または昼過ぎ。この時間帯であれば、大きな混雑が起きにくいため、小さなお子さん連れでも安心して楽しめるそう。夕方以降になると多くの人が訪れるため、ベビーカーを使用する際は注意が必要そうです。

また、お子さまの迷子対策もしておきたいもの。しっかり手をつなぐことはもちろん、親子の名前と連絡先を明記した迷子札をお子さんに持たせておいたり、はぐれたときのために集合時間と場所を決めておくなど、事前にひと工夫するとよいでしょう。

まとめ

露店商の多さでは全国でも屈指の規模を誇る「えんま市」。閻魔堂に参拝して、市の由来や歴史に思いをはせつつ、延々続く露店を見ながら祭の雰囲気にひたり、グルメや、ショッピングを楽しみましょう。なお、通常の露店は6月14日(水)~16日(金)の3日間だけですが、瀬戸物市、植木市は翌6月17日(土)も開催しているそうです。

取材協力及び写真提供:柏崎市 産業振興部 商業観光課 観光振興係

「えんま市」を楽しもう!ななびチェック!

全国から集まる露店を見て体感する

見ているだけでもワクワクする500軒もの露店がずらり。昔から続く賑わいを体感し、大人も童心にかえれるイベントです。

グルメを味わう

新潟や柏崎のご当地グルメを味わったり、ちょっと珍しい1品を探したり、定番品を楽しんだり。幅広い屋台グルメが年代問わず、楽しませてくれます。

ゆったり過ごすなら午前中が狙い目!

人混みの多さでも知られる「えんま市」ですが、午前中から昼過ぎまではゆったりと見られるそう。初参戦なら早めの時間に行ったほうが安心です。

「えんま市」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。