新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

長岡 |「R290とちお」道の駅で熱々のジャンボあぶらげに舌鼓!

長岡 |「R290とちお」道の駅で熱々のジャンボあぶらげに舌鼓!

ドライブの楽しみといえば、「道の駅」でのショッピング、という方も多いのでは?数ある道の駅のなかでも、新潟県長岡市栃尾にある「R(ルート)290とちお」はひと際オススメ。栃尾には全国にその名を知られた名産品があるのですが、ここではなんとその「揚げたて」が食べられます。これは行くしかありませんね!


国道290号線の中心にある、お楽しみいっぱいのショッピングスポット

長岡駅から車で30分ほど。「R290とちお」は国道290号線のほぼ中心にあり、栃尾のみやげ処、食事処、観光案内所として、新潟県内外の観光客や地元の方で賑わっています。

国道290号線には「越後やまなみライン」の別称があるように、景観がよく、名水百選の「杜々の森」にもアクセスしやすいので、さわやかな季節のドライブにはうってつけです。

「揚げ処 さとう」でいただく、揚げたて熱々の「あぶらげ」

栃尾の名物は、長さ20センチ、幅8センチ、厚さ3センチという巨大な「ジャンボあぶらげ」。栃尾には20件近いあぶらげ屋があるのですが、そのひとつの佐藤豆腐店が「R290とちお」で「揚げ処 さとう」として出店しています。

ここの売りはなんといっても、その場で揚げたてのジャンボあぶらげをいただけること!さっそく、1番人気のねぎ、鰹節かけを注文。目の前で、あぶらげ用の豆腐が、たっぷりの菜種油に投入されます。じゅわ~という音とともに、みるみるうちに膨らむジャンボあぶらげ。音までおいしそうです!

手際よく、串に刺して油から引きあげ、食べやすく切って、ねぎとおかか、しょうゆをさっとかけて「どうぞ!ぜひ揚げたての熱いうちに召し上がってください」と店員の佐藤繁さん。

表面がつやっつるっと張っていておいしそう!熱々をかぶりつくと、パリッとした皮とふんわりとしたなかの豆腐の食感がたまりません。ジャンボあぶらげは、新潟県内をはじめ、全国あちこちのスーパーでも手に入るようになってきましたが、揚げたてのおいしさは格別。

ぜひこれは栃尾まで足を伸ばして味わっていただきたいものです。

あぶらげの食べ比べをしたいなら「は~もに~物産館」へ

栃尾のあぶらげには、先ほどの佐藤豆腐店のような「ふんわり」した食感のものから、みっしり、ずっしりした食感のものまで、一つひとつが個性的。栃尾に点在するお店を巡るのも楽しいのですが、まとめて食べ比べしたい、というときにも、ここ「R290とちお」は便利。

建物のなかにある「は~もに~物産館」には常時4~5店舗の油揚げやおぼろ豆腐が揃っています。

「は~もに~物産館」にはほかにも栃尾名物が勢ぞろい。名水の里ならではのおいしい日本酒、ワイン、栃尾で幼少期を過ごしたといわれている上杉謙信のグッズ、栃尾のかわいいご当地キャラ「あぶらげんしん」グッズなどがおみやげとして人気だそうです。

もうひとつ見ていただきたいのが、伝統工芸「栃尾てまり」。栃尾はかつて織物の産地として栄えていました。その余り糸を使ってつくられたのがはじまりだそう。てまりには、「子がまるまると成長するように」との願いが込められています。

なかには小さな木の実が入っていて、ふるとカラカラと音がします。これには「身(実)を守る」という意味があるのだとか。つくり手の心と技術を感じさせる美しいてまりは、一見の価値があり、特別なおみやげにもオススメです。

栃尾新名物「冷やしラーメン」もはずせません!

おなかがすいたら、館内の「レストラン とちお」でお食事をどうぞ。オススメは、栃尾の新名物として売り出し中の「冷やしラーメン」。栃尾では、夏季限定メニューとしているお店も多いのですが、「レストラン とちお」では年中、提供しているとのこと。

チャーシュー、ねぎ、わかめにシナチクがのったシンプルなしょうゆラーメン。氷の浮いたひんやりしたスープは、すっきり、あっさりとした、どこか昔懐かしい味。お子さんからご年配の方まで幅広い層に愛されている飽きのこない味わいです。

まとめ

道の駅「R290とちお」では、季節ごとのイベントも盛りだくさん。2017年6月11日(日)には、「観光物産フェア・とちお自慢市」が開催されます。また、毎月第2日曜日には、栃尾てまりの制作実演・体験なども行っているので、親子で参加するのもよいですね。

春から秋には地元の野菜直売所「スマイルとちお」が併設されているので、採れたて野菜を目当てに訪れるのもいいもの。週末は、栃尾に足を運んでみませんか?

道の駅「R290とちお」を楽しもう!ななびチェック!

豊富な栃尾グルメが味わえる!

名産のあぶらげは、紹介した「揚げ処 さとう」「は~もに~物産館」で買えるほか、「レストランとちお」にも油揚定食があり、焼くと煮る、ふたつの食べ方を選べます。酒や豆腐、郷土菓子にもおいしいものがあるので、ぜひ店内を巡ってみて。

てまり制作体験で伝統を感じるひとときを!

伝統工芸、栃尾てまりの制作体験に親子で参加するのも思い出深い時間がつくれるかも。お子さんを大切に思う親心を、そっと伝えるチャンスになるかもしれません。

新鮮野菜や新潟のおいしい米も!

「スマイルとちお」で新鮮野菜が購入できるほか、「は~もに~物産館」では栃尾名産コシヒカリも販売。さらに館外でフリーマーケットが開かれていることも多く、雑貨や植木など、掘り出し物に出会えるチャンスあり。

「道の駅R290とちお」について詳しくはこちら

関連する投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


最新の投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

「お子さんをのびのびと遊ばせたい」「楽しみながら自分で考える力を養ってほしい」…そんなパパとママの願いを叶えてくれるのが、山形県東根市にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。巨大な複合遊具をはじめとする多彩な遊びが盛りだくさんのスポットです。大人も一緒に楽しみたくなる遊び場の魅力に迫ります。


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。