村山 |「東沢バラ公園 バラまつり」甘く華やかなバラの香りに包まれる

村山 |「東沢バラ公園 バラまつり」甘く華やかなバラの香りに包まれる

山形県村山市にある「東沢バラ公園」は、環境省の「かおり風景100選」や、「恋人の聖地」に認定された日本有数の規模を誇るバラ公園。例年、バラが見頃を迎える初夏になると「東沢バラ公園 バラまつり」が開催されます。ロマンチックな甘い香りでいっぱいの園内では、バラを眺めるだけでなく、イベントやグルメなどお楽しみがいっぱいです。


広大なバラ園にはお子さんの遊び場も

「東沢バラ公園 バラまつり」が行なわれるのは、春のバラの最盛期となる6月上旬~7月上旬頃。期間中にはお得なワンコインタクシーが、土・日には駐車場のある村山市民会館からバラ園まで無料シャトルバスが運行されます。

広大な園内は、まさにバラ一色!7ヘクタールという東京ドーム約3個分の敷地に世界各国の約750品種2万株ものバラが色鮮やかに咲き、広さも株数も日本有数の規模を誇ります。有料となる「東沢バラ公園 バラまつり」期間中以外は、無料で入園できるうえに年中無休。

園の西側には滑り台やブランコなどをそろえた児童遊園や、ボート遊びができる湖もあり、お子さんの遊び場として親しまれています。

注目品種や絶景スポットはこちら

バリアフリー仕様の園内には、バラを眺め歩くための遊歩道が整備され、40分・80分の2コースがあります。ところどころにベンチが設置されているので、休憩しながらのんびりバラ散歩を楽しみましょう。

正面入口を入るとまず出迎えてくれるのは、丸い屋根の「ローズドーム」です。園内に咲くさまざまなバラの香りが集まる設計になっていて、甘くかぐわしいバラの香りをよりいっそう感じることができます。深く息を吸い込むと、まるで体中がバラの香りで満たされるような夢心地な気分になれますよ。

園内に咲くバラは、村山市オリジナルのバラ「むらやま」をはじめ、神秘的なシルバーブルーの「ブルーヘブン」、黄色とピンクのグラデーションが美しい「ピース」など、見比べるほどに色や形はさまざま。北入口近くにある北展望台からはバラ公園全体を一望でき、記念写真の撮影にもオススメのスポットです。

「バラ交流館」のカフェメニューでひと休み

公園のなかほどにある「バラ交流館」は、喫茶コーナーを併設するログハウス。ここでぜひ味わってほしいのが名物の「バラソフト」です。愛らしいピンク色で、華やかなバラの香りが口のなかにふわっと広がります。

そのほか、バラのコーヒーやジュース、パフェなどのさまざまなメニューでバラの香りを楽しめます。カフェメニューのほか、「山形牛重」や「そばカレー」などの食事メニューもあり、バラ園を眺めながらのランチタイムもオススメですよ。

また、展示棟には押し花やフラワーアレンジメントの作品を常設しているので、こちらものぞいてみてください。

手づくり体験やイベントも楽しめます

「東沢バラ公園 バラまつり」期間中の土曜・日曜には、さまざまなイベントを開催。「七宝焼き体験」や「押し花づくり体験」などの手づくり体験は、親子で一緒にレクチャーを受けながら気軽にチャレンジできるので人気です。

小学生以下の女の子は「集まれ!なりきりお姫様」に参加しては?お姫様のようなかわいらしいコスチュームで入園すると、サービスで記念写真を撮影してもらえます。

バラを育ててみたいと思ったら、初心者向けの「バラの育て方教室」がオススメです。育て方を教わったら、正面入口で販売されているバラの苗木のなかからお気に入りを探しましょう。

まとめ

「東沢バラ公園 バラまつり」は春と秋の年に2回行なわれ、特に春のバラは香りが強く大きな花を咲かせます。村山市の郊外にあり敷地が広く、ファミリーのおでかけにぴったりの「東沢バラ公園」で、満開のバラとともにゆったり過ごす休日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「東沢バラ公園 バラまつり」を楽しもう!ななびチェック!

ベビーカーを無料貸し出し

正面入口では、ベビーカーや車椅子などを無料で貸し出し。児童遊園やボート遊びができる湖もあり、幅広い年代が楽しめます。

雨上がりのバラもキレイ!

梅雨どきは雨降りが気になりますが、雨上がりのバラもオススメ。雨のしずくを乗せた花びらがキラキラと輝き、とても幻想的です。

休憩スポットが充実

各所にはベンチが備えられ、カフェを併設した「バラ交流館」もあるので、休憩しながら広い園内をめぐることができます。

「東沢バラ公園」について詳しくはこちら

関連する投稿


酒田 |「オランダせんべいFACTORY」トリック写真や手焼き体験が楽しめるせんべい工場を見学!

酒田 |「オランダせんべいFACTORY」トリック写真や手焼き体験が楽しめるせんべい工場を見学!

山形県酒田市にある「オランダせんべいFACTORY」は、地元の銘菓「オランダせんべい」の観光工場。見学エリアには、米づくりやせんべいの歴史、オランダせんべいについて説明したパネルがあるほか、通路の途中にはトリック写真が撮影できるエリアも。手づくり体験コーナーや米粉のスイーツを味わえるカフェもあるので、家族でゆっくり楽しめますよ。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

山形 |「みはらしクラフトミュージアム」手づくりアイテムの魅力にふれよう

雄大な山々に抱かれた山形県山形市の蔵王エリア。都市公園「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」では、毎月第3土曜に、山形県内外のクラフト作家さんによるアイテムが集まる「みはらしクラフトミュージアム」が開催されます。お気に入りを探すのはもちろん、つくり手と使い手がふれあえる、注目のイベントへおでかけしましょう。


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。